ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】メドレックス(4586)レンジ抜けるか。1077円抜けから1255円抜け狙い。

本田隆一郎
本田隆一郎 勝率:43%(89勝117敗) パフォーマンス:+315.1
成長株・材料株を主とした銘柄選定に自信!
株式会社暁投資顧問の取締役。コースの一つである「デイトレコース」内で、デイトレード、スイング投資助言を行う。若くから株式投資を始め、投資の楽しみも、ほろ苦さも経験。一度に買うな、一度に売るなをコンセプトに個人投資家好みの銘柄選定を得意としています。
予想終了
  • 日本株 予想期間6月19日~6月23日

    始値(1,133円)→終値(983円)

    【買い】メドレックス(4586)レンジ抜けるか。1077円抜けから1255円抜け狙い。

    6月19日(月)8時28分みんなの株式
■レンジ抜け期待
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
イオン液体を利用した経皮吸収型製剤技術が強みの創薬ベンチャー企業。

2月23日には、かねてより出願中のマイクロニードル穿刺性を高めるための針形状に関する特許について。
米国特許商標庁から特許査定の通知があったと発表がありました。
同社のマイクロニードル技術の特徴を出すための基本特許の一つで、日本においては既に成立していたものであり、
17年12月期の業績に影響はしないという事でした。

以前には、痙性麻痺治療貼付剤MRX-4TZT[チザニジンテープ剤]についての発表もあり、米国で行っていた第1相臨床試験の結果が、市販されている経口剤と同様の有効性を示すと一定の評価を得られたとのこと。
どちらかと言えば、こちらの材料のほうが長い目で見た方が良さそうで、筋弛緩薬は経皮製剤の存在しない薬で、経皮製剤化することにより経口剤と比較して、有効血中濃度の持続性、眠気や肝障害などの副作用の低減が期待できる点で、更なる進捗が待たれています。

そのチザニジンテープについて、6日続報があり、インドの製薬会社 Cipla Ltd.の米国100%子会社であるCipla USA Inc.との間で、痙性麻痺治療貼付剤MRX-4TZT[チザニジンテープ剤]に関する世界的な開発・販売ライセンス契約(東アジアを除く)を締結したと発表。このライセンス契約により、メドレックスはCipla USA Inc.から、契約一時金の他、開発及び販売の進捗に応じたマイルストン収入として最大3千万米ドルを受領するという事。加えて、上市後の売上高に応じて段階的なロイヤルティ収入を受け取る予定としています。

契約に伴う一時金収入は研究開発等収入として売上高に計上する見通しで、
2017年12月期の業績予想を修正すると同日発表。売上高は593.5%増の1.86億円、
営業損益は12.61億円、経常損益は12.44億円、親会社株主に帰属する当期純損益は12.06億円にそれぞれ修正。
赤字幅を大きく縮小する見通しを出してきた事を好感。

4月18日には1255円の高値を付けるも、その後は信用増担保規制も掛ったこともあり軟調な動き継続。
下旬から6月中旬まで900~1100円レンジで動いていましたが、6月14日に一時上抜け。
まだ終値ベースで抜けていませんが、6月4週には明確に上抜け期待。
4月は月ベースで過去最高出来高を更新しており、大相場の初動と捉えています。1255円を超えてきたら再スタートでしょう。

最終更新:6月19日(月)8時28分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ