ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】富士ソフトサービスビューロ (6188)6月の注目銘柄= ライジングブル藤村

藤村哲也
藤村哲也 勝率:60%(25勝16敗) パフォーマンス:+31.7 4
株による財産形成を誰でも可能に!
ライジングブル投資顧問で代表を務める藤村は中国株、日本株の助言を3万人以上に行ってきた実績を持ち,株による資産形成をサポート。オールアバウト株担当ガイド。元UFJつばさ証券で部長代理をつとめ、現在ライジングブル投資顧問で代表取締役を務める。
予想終了
  • 日本株 予想期間6月1日~6月30日

    始値(999円)→終値(1,020円)

    この予想!自信あり

    【買い】富士ソフトサービスビューロ (6188)6月の注目銘柄= ライジングブル藤村

    5月31日(水)23時07分みんなの株式
中期的な水準訂正の動きに期待
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
6月20日(火)追記分

6月は999円でスタートし、6月20日(火)は1056円と5%上昇。

【会社概要】

民間企業や官公庁に対して、運用業務や業務処理の受託などを行うBPO事業を展開。サービス区分は、コールセンターサービス、BPOサービス、その他サービスの3つ。

●コールセンターサービス

年金相談窓口、ITヘルプデスク(テクニカルサポート)、受注センター、緊急対応コールセンターなどのコールセンターを構築・運営。

●BPOサービス

事務代行(業務受付、書類開封、入力、整理等の事務処理)、文書電子化(スキャニング)、原本保管業務、データエントリー処理業務などのBPOサービス、顧客事務センター内での事務業務受託、人材派遣、チーム派遣、人材紹介、紹介予定派遣などのオフィス・サポートサービスを手掛けています。

●その他サービス

Webサイト構築サービス、運用保守サービス、システム開発サービスなどのサービスを手掛けています。

【株価の動きと注目理由】

5月31日終値は999円。

2016年3月に新規上場し、当時の高値は1170円。その後は、約3ヶ月調整局面が続き2016年6月24日安値624円まで下落して底を打ち、割安感が意識されて下値を切り上げる展開。

2017年5月8日には1009円まで戻し、直近でも高値圏で推移。

2017年4月には、国民健康保険中央会より発注された、「介護保険及び障害者総合支援における介護・障害者事業所ヘルプデスク運営委託」を受託しました。

今後も企業の構造改革需要やアウトソーシング需要は、人材不足の影響で高まっており、当社サービスに対する引き合いは堅調すると思われます。

今期予想PERで10.7倍と割安感が強く、中期的に水準訂正の動きが継続する流れを想定しています。

6月は950円から1200円のレンジを想定。

最終更新:6月20日(火)23時29分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ