ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】構造計画研究所(4748):ビジネスモデルの変革の度に大きな成長を遂げてきた老舗企業。新時代の風が吹く!◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:22%(2勝7敗) パフォーマンス:-8.8
あすなろ屈指のチャーティスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『日本あすなろ投資顧問』に在籍。
証券、銀行、保険の各業界で培ったスキルに加えて、個人の株トレーダーとしての経験も活かしながら顧客に寄り添ったアドバイスで投資家の資産形成をサポート。
予想中
  • 日本株 予想期間6月1日~6月30日

    この予想!自信あり

    【買い】構造計画研究所(4748):ビジネスモデルの変革の度に大きな成長を遂げてきた老舗企業。新時代の風が吹く!◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    5月1日(月)16時44分みんなの株式
【ビジネスモデルの変化】
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
独立系のシステムインテグレーション会社で、建物の構造設計業務のみならず、構築物を取り巻く自然と環境の解析やシミュレーション、社会・コミュニティの抱える問題の解決支援を展開する。

1959年創業と歴史は古いが、現在は建設・防災分野にとどまることなく、情報・通信、製造、マーケティング支援などさまざまな分野でのソフトウェア開発やカスタマイズ、コンサルティングサービスを提供。ビジネスモデルの変化で成長企業へと進化した。

【経営理念は大学・研究機関と実業界との橋渡し役】
ソフトウェア開発にあたっては海外製品の導入にも積極的で、アメリカをはじめドイツやスウェーデンといった企業とのコラボレーションに取り組んでおり、各分野のすぐれた商品や知識、研究結果をくまなくソリューション提供できるのが強み。

目を引くのは、現在そのパートナーシップ企業を通じて、米テスラモーターズの半導体製造を引き受ける米エヌビディア社の高速演算モジュールを搭載し、超高速シミュレーションを可能にした電磁解析ソフト(米レムコム社商品)を提供したりと独自の販売ルートを持つのも面白い。

さらには、大学発ベンチャー表彰で文部科学大臣賞を受賞したプロメテック・ソフトウェア社を支援する企業としてパートナーシップを組むなど、最新テクノロジー分野をリードする企業とのパイプを作り上げてきたことは将来の可能性につながるだろう。

【新IoT時代の到来で追い風が吹く】
同社が得意とする建設などの生活インフラ・社会インフラそれぞれの分野においては今後さらにビッグデータ活用は進むと思われ、すでに公表済みのWi-Fi型のスマートロック「RemoteLock」の販売を始めたことも近い将来のスマートシティ構想につながる技術で期待が持てそうだ。

日本企業はアメリカの大手IT企業にグローバルシェアで後れを取っているのは事実。元来、IT分野においては1980年代に日本が開発したTRONの性能は米マイクロソフト社のOSを上回っており、昨今普及が進んできたAIやIoTなどの第4次産業革命の分野でも技術競争力で引けを取ることはないだろう。


構造計画研究所(4748)[JASDAQ]
業種:情報・通信
単元株数:100株
PER:22.26倍
PBR:3.72倍

最終更新:5月1日(月)16時44分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ