ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】日本マクドナルドホールディングス (2702)5月の注目銘柄= ライジングブル藤村

藤村哲也
藤村哲也 勝率:64%(25勝14敗) パフォーマンス:+32.9 4
株による財産形成を誰でも可能に!
ライジングブル投資顧問で代表を務める藤村は中国株、日本株の助言を3万人以上に行ってきた実績を持ち,株による資産形成をサポート。オールアバウト株担当ガイド。元UFJつばさ証券で部長代理をつとめ、現在ライジングブル投資顧問で代表取締役を務める。
予想終了
  • 日本株 予想期間5月1日~5月31日

    始値(3,430円)→終値(3,965円)

    この予想!自信あり

    【買い】日本マクドナルドホールディングス (2702)5月の注目銘柄= ライジングブル藤村

    4月30日(日)23時05分みんなの株式
巻き返しなるか?業績好転に期待
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
5月30日(火)追記分

先週は4000円まで上昇後、利食い売りに押されて3855円で引けましたが本日は3940円に切り返し。今月は3430円から4000円まで16%上昇。とりあえず、4000円で目標達成感が出そう。

5月11日(木)追記分

本日は3750円で150円高で寄りついた後は利食い売りに押され現在3690円。

定番バーガーにトッピングを加え、カスタマイズできる裏メニューの第2弾が、5月10日より期間限定で「マックの裏メニュー2」として登場。

カスタマイズ商品は、自分の手が少しでも加わったものとしての価値を感じて、商品の購入額を押し上げる効果があります。今月の既存店売上も順調な進捗が期待できそうです。
また、2017年12月期の第1四半期決算発表と同時に、中間期・通期の上方修正が発表されました。

通期予想の売上高
2365億円→2460億円

営業利益
90億円→150億円

当期純利益
85億円→145億円

と大幅な上方修正です。

引き続き注目です。

5月8日(水)追記分

今月は3430円で始まり,本日は3520円と堅調に推移。

5月2日に月次レポートが更新されました。4月の既存店売り上げも前年同月比12.7%増と好調を維持。

先週末(5/2)の終値は、4月20日の年初来高値3450円に面合わせして引けており、今週は高値更新に期待。

【5月に推奨する理由】

日本マクドナルドは2014~15年にかけて発覚した異物混入問題などにより、客離れが一時深刻化し、2015年12月期まで2期連続で最終赤字に陥りました。また、2013年頃よりコンビニコーヒーが全国的な広がりを見せ、日本国内のコーヒー消費量自体も過去最高を記録したものの、競争も激化。日本マクドナルドにとっては厳しい事業環境が続きました。

しかし、2016年の既存店売上高は平均で前年比20%増と復調。定番ドリンクの「プレミアムローストコーヒー(ホット)」もリニューアルし、期間限定でコーヒーを無料で配布するキャンペーンを展開したことなどが功を奏しました。

回復した昨年に続き、2017年も1月に、「あなたの推しバーガーを、日本一に」をキャッチコピーで実施した人気のハンバーガーを決める「第1回マクドナルド総選挙」が好評を得るなど、既存店売り上げは1月が前年同月比12.3%増、2月は同17.9%増、3月は同16.5%増と好調を維持。

加えて、4月5日よりレギュラーメニューに、8年ぶりの新商品が登場。マックのグランシリーズはその名の通り「本格肉厚ビーフ」と「ふわふわバンズ」を使用したボリューミーな商品。

「発売5日間で300万色突破」とテレビCMでも謳われており、出足は好調のようです。

厳しい時期を乗り越えて、復調の兆しが出てきています。5月も好調を持続すると考え注目しています。

【株価の動きと5月の想定レンジ】

日本マクドナルドホールディングスの2017年の株価は、3000円近辺からじりじりと右肩上がりの上昇を続けています。

既存店売上の好調さを確認しながら、下値を切り上げる展開で、4月28日終値は3435円。

5月も同様の展開を期待しています。

予想レンジは3300円から3600円を想定。

最終更新:5月30日(火)20時24分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ