ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

米中首脳会談の行方が焦点

菊川弘之
菊川弘之 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
相場は相場に聞け!マーケットの風を読む!!
日産証券調査部 主席アナリスト 商品投資顧問・証券会社の調査部・ディーリング部長などを経て現職。日経新聞、時事通信などにマーケットコメント・解説を寄稿。TV・ラジオなど多数メディアにも出演中。みんコモ人気コラムニスト
  • コラム [外国為替]

    米中首脳会談の行方が焦点

    4月6日(木)10時52分みんなの株式
トランプラリーの半値押し割れなら、200日移動平均線を試す
ドル円&NYダウ

ドル円&NYダウ

 3月のADP雇用統計では雇用者数が26.3万人増加し、2014年12月以来の増加幅となったことで、株高・ドル高で反応したものの、その後に発表された3月の米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨を嫌気して反落。

 FOMC議事要旨によると量的金融緩和に伴い膨らんだバランスシートを巡り、メンバーの大半が「年後半にも(保有有価証券の)再投資政策の変更が適切になる」との認識を示していた。ただ、金融緩和を穏やかに縮小する意図が重ねて示されたうえ「FOMCメンバーの多くはバランスシートの正常化(縮小)が利上げの代わりになると考えている」との見方からハト派寄りの内容と受け止められ、米金利の下げが加速し、金融株を中心に売りが広がった。
 議事要旨では何人かの参加者が足元の株価を「とても割高だ」と指摘していたことも明らかになった。さらに米共和党のポール・ライアン下院議長が「税制改革には時間が掛かる」との見方を示したと伝わり、景気刺激策の遅れを警戒した売りを誘った。
 ドル円もNY株の下落と共に金利低下で売られ、トランプラリーが始まった2016年11月安値~12月高値までの上昇に対する半値押しの攻防となっている。半値押し水準を維持できないなら、200日移動平均線(108.50円水準)~61.8%押し(107.8円水準)が試される流れとなりそうだ。

 ドル円はネックライン(3月31日高値)を上抜けば、ダブルボトムから反発の目は残っているが、ADPの数字が強気であったために、週末の雇用統計でドル買いが高まるには、かなりハードルが上がった印象だ。マーケットに与える政治的ファクターが強まる中、米中首脳会談の行方に、より注目が集まっている感触。

 今回は、中国からは主要経済閣僚は同行しない模様で、「相互理解を深める」と言う大きな柱と、「北朝鮮問題」が主題となるのではないか?通商や為替問題に関しては、日米会談と同様に、2ヶ国間対応で、6月に予定されている「米中戦略経済対話」で話し合うとなりそうだ。

 米雇用統計では、ザラバでのアップダウンの反応はあるかもしれないが、メインのトレンドを発生させるものではなく、週明けの東京市場に強く影響を与えるのは、米中首脳会談の内容だろう。

 米中首脳会談前のタイミングで、バノン首席戦略官・上級顧問が国家安全保障会議(NSC)閣僚級委員会の常任メンバーから外された意図と影響を含めて、米中が挑発を続ける北朝鮮を、どのように対処していくのか?が最大の注目点だ。

最終更新:4月6日(木)10時52分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

為替レート

通貨ペアBidAsk
米ドル/円
米ドル/円
ユーロ/円
ユーロ/円
豪ドル/円
豪ドル/円

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ