ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【小幅高となる】債務上限問題や予算教書=フィスコ村瀬 智一

村瀬智一
村瀬智一 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
需給面を重視します
大東証券(現みずほ証券)にてディーラーとして先物・株式ディーリング業務に従事。1999年フィスコへ入社。株式担当。需給面から相場全体の流れを探り、投資対象となる銘柄にまで落とし込む戦略に強み。マネー誌に多数寄稿。
予想終了
  • NYダウ 予想期間3月16日

    【小幅高となる】債務上限問題や予算教書=フィスコ村瀬 智一

    3月16日(木)19時41分フィスコ
グローベックスの米株先物は小高く推移しており、前日に25日線レベルからリバウンドをみせたNYダウは、本日もリバウンドが意識されそうだ。オランダの議会選挙が無難に通過したことも安心感につながろう。なお、本日の注目点としては債務上限問題や予算教書といったところ。連邦債務の法定上限の停止措置は米東部時間の15日深夜に期限が切れた。米財務省は、当面の政府資金調達を続けるため、デフォルト回避に向けた措置を取っている。政治的停滞による国債利回りの急上昇が警戒される可能性はあるが、米議会は現在、上下両院とも共和党が過半数を占めているため、過度な警戒にはつながらないように思える。その他、トランプ政権が予算概要を議会に提出する。ホワイトハウスが公表した文書によると、16日に公表する2018会計年度の予算教書では、国務省と国際開発庁(USAID)を合わせた予算は256億ドルで、28%の支出削減になる。

経済指標では住宅着工件数(2月)、住宅建設許可件数(2月)、新規失業保険申請件数(先週)、フィラデルフィア連銀製造業景況指数(3月)、JOLT求人件数(1月)が予定されている。前日には消費者物価指数や小売売上高、NAHB住宅市場指数の内容が好感されていた。原油相場の上昇と良好な経済指標が下支えになりそうだ。

最終更新:3月16日(木)19時41分

フィスコ

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ブラウザから使えるフィスコ
ブラウザから使えるフィスコ
株式会社フィスコ
無料でこの情報が!?
使わなきゃソン!!
無料

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ