ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】日本アビオニクス(6946)材料性のある2部銘柄。

本田隆一郎
本田隆一郎 勝率:41%(93勝132敗) パフォーマンス:+194.9 3
成長株・材料株を主とした銘柄選定に自信!
株式会社暁投資顧問の取締役。コースの一つである「デイトレコース」内で、デイトレード、スイング投資助言を行う。若くから株式投資を始め、投資の楽しみも、ほろ苦さも経験。一度に買うな、一度に売るなをコンセプトに個人投資家好みの銘柄選定を得意としています。
予想終了
  • 日本株 予想期間3月1日~3月31日

    始値(2,600円)→終値(2,460円)

    【買い】日本アビオニクス(6946)材料性のある2部銘柄。

    2月28日(火)21時46分みんなの株式
■月足チャート妙味あり
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
情報処理システム機器・防衛用電子機器メーカー。微細接合4工法(レーザ、超音波、抵抗溶接、パルスヒート)機器をご提供できる世界唯一のメーカーで、それぞれの工法のエキスパートが最適な接合条件だけでなく、ワークの材質・形状・工法から装置化までプランニングできる強み。
近年の自動車における樹脂化・アルミ化に対し、コスト削減、時間短縮、新工法確立に高い技術力をもつ。

エボラ出血熱などの感染病対策には、赤外線サーモグラフィカメラがあり、ドローン用赤外線カメラも開発していますので、ドローン関連にも数えられ、このドローン赤外線カメラは災害や細菌、テロ対策にも用いられる期待もあり、テーマ性に多く絡んできます。他にも[宇宙用高速デジタル信号対応プリント配線板]はJAXAに認定された基盤で、宇宙関連にも。
リチウムイオン電池接合装置なども開発、商品化しています。

3月1~3日に開催されるスマートエネルギーweek2017(二次電池展)に出展しており、高品質なビームスポットのシングルモードファイバーレーザやインバータ式溶接電源といった製品を出展、実演予定です。

チャートは月足ベースで、250円処の節目を超えてきており、材料性に申し分はないので、全体相場の地合いに振らされなければ3月も続伸が期待できると思います。

最終更新:2月28日(火)21時46分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ