ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】セブン&アイ・ホールディングス(3382):不採算事業の整理進みコンビニが牽引=GLA小池麻千子

小池麻千子
小池麻千子 勝率:60%(3勝2敗) パフォーマンス:+45.5
初心者でも取り組みやすい優良銘柄をご紹介します!
同志社大学経済学部卒 グローバルリンクアドバイザーズ(株)のアナリストとして企業リサーチを担当 訪問企業は海外企業を中心に多数 企業訪問・分析で培ったファンダメンタル分析を用いたボトムアップリサーチによる銘柄選定を得意としています
予想終了
  • 日本株 予想期間2月1日~2月28日

    始値(4,478円)→終値(4,400円)

    【買い】セブン&アイ・ホールディングス(3382):不採算事業の整理進みコンビニが牽引=GLA小池麻千子

    2月1日(水)8時14分みんなの株式
【買い】セブン&アイ・ホールディングス(3382):不採算事業の整理進みコンビニが牽引
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
足を引っ張っていたスーパーストア事業もリストラを含めた構造改革が効果を出してきており、営業赤字となっている通信販売事業もリストラ効果で業績は改善する見通しです。18/2期は安定して成長するコンビニ事業の収益効果に加え、増益が達成されると見ています。
そして19/2期以降は構造改革も一巡、コンビニ事業を軸とした成長が期待できると思います。利益成長を牽引するコンビニ事業では国内でのPB商品拡大による利益率のさらなる向上、そして北米でのシェア拡大が業績を底上げする企業成長の一つの鍵となりそう。

当座比率1.08、流動比率1.20と手元資金力が高く、現金等は1兆1324億円と、有利子負債7516億円を上回り、自己資本比率は41.6%と、財務状況は良好です。
株主還元については、年間配当は5年平均6.2%増額しており、EPSの5年平均成長率7%に沿った形となっています。会社側は配当性向を40%程度とするとしており、株主還元について前向きです。
また16/2期実績ROEは6.9%ですが、JPモルガンによると、利益成長に伴い10%程度は達成できるとされています。

最終更新:2月2日(木)18時15分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ