ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】ダイキン工業(6367):世界の省エネ需要を取り込む企業=GLA小池 麻千子

小池麻千子
小池麻千子 勝率:66%(2勝1敗) パフォーマンス:+43.9 2
初心者でも取り組みやすい優良銘柄をご紹介します!
同志社大学経済学部卒 グローバルリンクアドバイザーズ(株)のアナリストとして企業リサーチを担当 訪問企業は海外企業を中心に多数 企業訪問・分析で培ったファンダメンタル分析を用いたボトムアップリサーチによる銘柄選定を得意としています
予想終了
  • 日本株 予想期間2月1日~2月28日

    始値(11,170円)→終値(10,665円)

    【買い】ダイキン工業(6367):世界の省エネ需要を取り込む企業=GLA小池 麻千子

    2月1日(水)8時14分みんなの株式
【買い】ダイキン工業(6367):世界の省エネ需要を取り込む企業
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
省エネに貢献するインバーター技術を強みに世界展開するエアコン業界の雄。

同社が強いと思うのは、市場形成の能力を持っているところ。
中国政府と中国トップメーカーを味方につけ、高採算でインバーターエアコンを生産、流通させることに成功しており、中国でのインバーター普及率を7%から56%まで拡大させています。低価格生産、部品調達コストの削減は中国事業の利益率を25%という驚きの水準に導いています。

米国ではシェアトップのメーカーを買収したことで今後同社は米国を始め、各国のエアコン市場のシェアを拡大していける見通しとなりました。
省エネ需要は世界的に高まっていることからインバーターエアコンの普及拡大が見込まれ、それに伴い同社の利益成長が期待できると思います。

積極的M&Aによって海外事業を拡大してきた同社。海外売上高比率は32%から15年で75%に拡大しました。

世界経済は2016年強化された各国の金融政策や財政政策によって支えられています。またフィラデルフィア半導体指数をはじめとする、製造関連の景況感指数も上向いており、さらにここからトランプ大統領の大規模減税、規制緩和、大規模投資が行われるわけです。経済拡大への期待が高まる状況となっており、ドル安がこれ以上進むような状況ではないと思います。
同社株にも良い環境なので下がったところは買場と見てよいかと思います。

決算発表予定日  2017/02/08

最終更新:2月2日(木)17時55分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ