ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

就任式きっかけとしたNY株価の動きに注目

菊川弘之
菊川弘之 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
相場は相場に聞け!マーケットの風を読む!!
日産証券調査部 主席アナリスト 商品投資顧問・証券会社の調査部・ディーリング部長などを経て現職。日経新聞、時事通信などにマーケットコメント・解説を寄稿。TV・ラジオなど多数メディアにも出演中。みんコモ人気コラムニスト
  • コラム [外国為替]

    就任式きっかけとしたNY株価の動きに注目

    1月20日(金)16時43分みんなの株式
保合い放れ待ち
 ドル円が、イエレン議長講演、トランプ次期大統領発言記事(WSJ)、ムニューチン次期財務長官公聴会発言などで、アップダウンを繰り広げたのに対して、NYダウは、高値圏での保合いが続いている。
 この保合いが、上昇トレンドでの中段の保合いとなるのか、それとも、団子天井となるのかの決着が、早ければ今晩の米大統領就任式で着くかもしれない。ボリンジャーバンドは収れんが煮詰まった状態で、いつ放れを見せても良いチャート形状となっている。20,000ドルを超えて長大陽線、もしくは、19,500ドルを割り込んで長大陰線なら、短期的に放れに付く方針で良さそうだが、長い上ヒゲや、長い下ヒゲを形成して、引けた場合、株価もドルも上に下にの荒い展開も予想される。
 先日の記者会見のように、対人でのやり取りではなく、大統領選挙勝利演説のように、決まった原稿をベースに演説すると思われ、市場に安心感が戻る可能性があるものの、反対派のデモや、パレードでの混乱、北朝鮮のミサイル実験などには要注意。さらに、就任後100日計画で発表された移民強制送還やTPP離脱、関税や国境勢などへの強い発言があれば、マーケットが反応する可能性も。一方、お祝いムードでNY株価の放れに繋がらないようなら、中国の旧正月入りもあり、2月上旬までに発表予定の予算辺りまで、保合いが長引くシナリオもあり得る。
 足元のドル円の行方を探る上で、保合いが継続しているNY株価の動きに注視したい。

最終更新:1月20日(金)16時43分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

為替レート

通貨ペアBidAsk
米ドル/円
米ドル/円
ユーロ/円
ユーロ/円
豪ドル/円
豪ドル/円

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ