ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】富士フイルムホールディングス (4901):バリエーションの改善期待のある割安優良株=GLA戸松信博

戸松信博
戸松信博 勝率:80%(4勝1敗) パフォーマンス:+78.4 2
的中率の高い勝負銘柄の推奨が大人気!
Yahoo!ファイナンス2015年株価予想達人ランキング、パフォーマンス第1位。メルマガの購読者数は累計3万人を超える。夕刊フジ毎週水曜日連載の「カリスマ投資指南」など新聞・雑誌掲載多数!
予想終了
  • 日本株 予想期間1月4日~1月31日

    始値(4,479円)→終値(4,375円)

    この予想!自信あり

    【買い】富士フイルムホールディングス (4901):バリエーションの改善期待のある割安優良株=GLA戸松信博

    1月4日(水)6時17分みんなの株式
バリエーションの改善期待のある割安優良株
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
傘下に、富士フイルム(写真フィルムや医療機器)、富士ゼロックス(オフィス用複合機やプリンターなど)、富山化学工業(医薬品事業)の3つの事業会社を持つ。

写真フィルムで培った有機材料合成技術などを核に、多方面に事業を展開しています。ドライバーとなっているのは複合機などのドキュメントソリューションで、新興国を中心に事業を拡大しています。また第二の柱となっているヘルスケア分野では画像診断システムなど医療機器が牽引しているほか、将来的には再生医療分野での受託製造事業の拡大が期待されます。創薬においては治験などの面で不透明感があるものの、相次ぐ買収などで医療業界でのプレゼンスが高まっていることは確実だと思います。

財務基盤は良好で資金面で心配はなく、配当金は7期連続増配の見通しと株主還元に前向きな姿勢は評価を得られるところです。ROEの改善も順調で2012/3期の%から2016/3期には5.8%まで改善しています。

短期指標も12月下旬にはRSIが一時80近くまで上昇するなどしており、過熱感がありましたが、過去数営業日で59.2まで落ち着いてきており、ほどよい調整となったかと思います。

最終更新:1月4日(水)6時17分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ