ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

大論争!利益を出すために戦略をどこまで理解する必要があるのか?!

大内崇
大内崇 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
統計と資金管理を重視する個別株システムトレーダー
ゲームソフトやビデオカメラの開発をしていたソフトウェアエンジニア。現在、株システムトレードソフト「イザナミ」の開発の傍らセミナー講師もこなすリアルトレーダー。統計と資金管理重視で、高勝率は狙わずに勝ち敗けを繰り返しながらトータルプラスを狙います!
  • コラム [株式]

    大論争!利益を出すために戦略をどこまで理解する必要があるのか?!

    6月12日(日)22時52分みんなの株式
なんで儲かってるのか本当に理解できてますか?
戦略を理解する=継続力!

戦略を理解する=継続力!

今月も無事利益が積み重なってる・・・
でもそれは実力?偶然?

実はここが理解できていないと本当は利益を出していける取引手法なのに、ちょっと損したことで運用を停止して、大事な利益を逃してしまうことになるのです。

「損失だけ取って利益は逃す」これが儲からない人のパターンです。
でもそれって本当に隅々までわかってなきゃダメ?
儲かる理由理解ってどこまで必要?

儲かる理由理解ってどこまで必要?

過去相場のデータで検証できるシステムトレードなら仕掛けルールや手仕舞いルールなど、かなりの部分まではっきり理解しながらトレードすることが可能です。とはいえ、それだけでは全てではない。

そりゃあ全てを理解したいのはやまやまですが、そんなことは可能なのか?という話もあります。
相場の世界は常に人と人(アルゴもいますが)の戦い。
通じる戦略も常に変動しており、去年は正しいとおもっていたことが今年は通じないなんてことはよくある話。

投資家心理を読む!なんていっても全員からアンケートをとれるわけでもないし戦略の理解にも限度はあります。

でも、理屈を理解する目的は「利益を逃さない」ことと考えれば、
基本的には一時的な損をだしても、運用が継続できる程度に自分のやっていることを理解できてれば、それでOKと言えますね。
儲かってない時に「想定内」と唱え続けるのは危険!
思考停止は楽だけど・・・

思考停止は楽だけど・・・

一時的に損失が発生してもしっかり運用が継続できるようになればなんでもいいかといえばそんなこともなかったりします。

事前に検証されつくした戦略を利用している場合によくあるのですが、
損失を重ねていても被害が小さいが故に「想定内」とだけ考え続けて、状況に流されたままになってしまう「思考停止病」にかかってしまうことがあります。

原因を検討して、結果として現状維持ならよいのですが、
なんとなーく現状維持は、実は破滅の道へ進んでる可能性もあるので要注意ですよ!
全てを理解したと思い込むのはいくない!常に理由を模索し続ける謙虚さを持とう!
「謙虚」であれ!

「謙虚」であれ!

とどのつまり、自分の運用方法に過信は禁物ということなのです。
極端な話でいえば2013年前半の爆発的相場では上がった銘柄を思い切って買えば勝つ相場でした。
このスタイルで今運用すればあっというまに破産です。

一つの究極の取引手法を追い求めるのではなく、生きてる相場に合わせて常に通用する戦略を探し続ける、真摯な姿が利益を生む戦略を作る力になります。

とはいえ「頑張って」ばかりじゃ続きません。楽しんで相場の研究を行うのがコツですよ!

最終更新:6月12日(日)22時56分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ