ここから本文です

[レポート]IPOナビスタンダード

上場承認を受けた直後に、素早く会社の内容や人気度を伝えます。その後も詳しい銘柄紹介、ブックビルディング参加条件、ブックが始まればその状況をつぶさに報告します。常に初値のイメージをお伝えしながら解説を行い、上場前日の初値予想から、初値分析まで6回のレポートを配信、IPO投資を一貫してフォローしながら、決断を求められる局面に対応しています。
週刊レポートでは、新興市場概況や個別銘柄戦略、スクリーニング分析等を掲載します。

購入

月額10,000
+ 税800円

※初月無料

サンプル

タイトル ページ数 発行周期 サンプル
モーニング 約5ページ 平日 9時頃 サンプル [pdf]
イブニング 約5ページ 平日 18時頃 サンプル [pdf]
レポート系 約10~15ページ 毎週土曜日 夜 サンプル [pdf]
個別銘柄系 約3~7ページ 随時 サンプル [pdf]
ストラテジー系 約1~5ページ 毎週土曜日
(ただし相場状況に応じて随時配信)
サンプル [pdf]

商品の特徴

対象者

・ブックビルディングに参加を考えている投資家。
・初値投資を考えている投資家。
・新興市場(中小型株など)銘柄に興味のある投資家。

活用方法

・新規上場承認を受けた銘柄をどこよりも早く紹介。まだ仮条件が発表されていない銘柄でも予想される公募価格と初値のイメージまでをお伝えします。
・上場直前の銘柄から承認直後の銘柄まで、IPOする全銘柄を一覧にしています。
・「公募価格メド」「初値メド」さらに「ブック参加妙味」「初値買いスタンス」が一覧になっており、現在のIPOマーケットの状況から、どの銘柄に資金を注力するべきか一目でわかります。
・マーケットの変化に応じて機敏に評価を見直し随時配信し、上場前日まで、継続的に銘柄をフォローします。
・IPO投資の第一歩であるブックビル開始前に、上場までの日程や幹事証券と引受株数などブックビルに参加するために必要な情報や公募株の募集要項や条件などを見やすくコンパクトにまとめてあります。
・事業内容から業績の見通し、財務状況など投資対象となる会社を知る上で必要な情報を目論見書から抜粋し、わかりやすくお伝えします。
・ロックアップの状況や上場直後に売却可能なベンチャーキャピタルの株数などもしっかりと網羅しています。
・「投資のポイント」は、ここまでの事実をまとめたものではなく、フィスコ独自の視点からの分析コメントです。類似企業との比較、業績の状況、マーケットの動向など、あらゆる角度からこの銘柄の投資妙味を検討し、見通しをお伝えします。
・公募価格が決定した後に、独自に調査した、ブックビルの倍率状況や機関投資家の評価などをお伝えします。
・ブックビルの最終状況や直近IPOした銘柄の価格推移なども勘案し、迫る上場日に向けた見通しをコメントします。
・今までなかなか公募株の配分が無かったのに今回配分を受けた時、「ひょっとして、人気が無いのかな?」「実際に公募株を取得して大丈夫か?」「どの程度の利益が見込めるのか?」そんな疑問にお答えするレポートです。
・発行会社や主幹事証券にインタビューができた場合には、取材で入手した情報もお伝えします。
・これまで価格帯で示してきた初値の予想を、上場日の前日にはズバリと価格を明示します。
・他社には真似のできない情報網で、調べ上げた幹事証券の動向、他証券各社の注力度、投信などの買い意欲、そして直近IPOした銘柄の価格推移などを総合的に分析し、弾き出した価格情報です。
・「初値買い妙味度」も示し、初値が付いた後の値動きについてもコメント。売却するタイミングだけでなく、初値買いに向かうかどうかの判断材料を提供します。

収録情報

【モーニング】
・日経平均 NYダウ テクニカル指標
・海外市場動向
・オープニングコメント
・本日の新聞材料一覧

【イブニング】
・注目銘柄フォローコメント
・クロージングコメント
・個別銘柄スナップコメント

【レポート系】
・新興市場概況
・個別銘柄戦略
・特集
・ランキングデータベース
・注目銘柄
・IPO Market Outlook
・IPO's Market poll & Calendar

【個別銘柄系】
・銘柄紹介
・銘柄考察
・ブックビルディング報告
・公募コメント
・初値予想
・初値分析

【ストラテジー系】
・IPO全銘柄一覧
・公募価格メド
・初値メド
・ブック参加妙味
・初値買スタンス

備考

※マーケット展望とIPOナビスタンダードの、モーニング、イブニングは同じレポートです。

【ご注意】

Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。