ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【売り】ドッカンバトル1億DLでドッカン上昇も!外資系が売りを入れてくるチャートタイミングよりアカツキ(3932)を中期で利食い売り推奨▼▼

藤崎慎也
藤崎慎也 勝率:60%(142勝91敗) パフォーマンス:+324.7
個別中心にスイングトレードで稼ぐ。投資効率重視!
フィデリア株式会社 代表取締役。「フィデリア株式投資顧問」運営者。個人投資家上りならではの、新興、IPO等資金効率を重視したスイングトレードを武器とする。また、全体相場や資金の流れを予想し、「上手い投資方法」をモットーに分析・配信を展開中。
予想中
  • 日本株 予想期間3月1日~3月31日

    始値(5,040円)→現在値(4,790円)

    この予想!自信あり

    【売り】ドッカンバトル1億DLでドッカン上昇も!外資系が売りを入れてくるチャートタイミングよりアカツキ(3932)を中期で利食い売り推奨▼▼

    3月1日(水)5時49分ZUU online
【売り】ドッカンバトル1億DLでドッカン上昇も!外資系が売りを入れてくるチャートタイミングよりアカツキ(3932)を中期で利食い売り推奨▼▼
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
【3932】アカツキ (2/28)5060円~売り目線継続▼▼ 5610円~売り推奨継続中★


先日から売り目線のアカツキを売り目線継続します。


短期的に週末換金売りや、来週に備えたトランプ大統領のスピーチ待ちのリスクマネーの


一時的な逃避から換金売りが広がると予想して再度売りとします。



<2月の個別銘柄相場から3月相場へ向けて>


2月のトランプノミクス相場で米ダウが12営業日連日の史上最高値更新の中、


個別株のボロ株(小型株)の一本釣り祭となっていた日本市場では、


3月の本年度相場入りより、資金の流れが大きく変わるのが通例の事より、今までの小型株から中型・大型株へ資金シフトが予想されます。


こういう時は、理論株価以上に買われたバブル最中の銘柄は、売りが売りを呼び出す形となる事が多い事から、利食い・損切りが重要な選択肢となります。


売却して、次の銘柄に移れるか、そのまま保有して塩漬けになり、負け組確定の塩漬け凍死家になり相場から退場するかは


売却する勇気・決断が必要と言えます。(実際に個人投資家の7割が塩漬け株による相場撤退している事実が物語っています)


資金の限られる個人投資家は、資金を回転させて利回りは出せるものの、一つの銘柄だけ保有していて資産株になるような時代は終わっていると思われます。


大きく利益が乗ってる時にキッチリ売却して、次の波に乗って利益を複利で積み重ねて行くと、


月利10%でも、複利計算すると年利(年間利回り)314%(軍資金4倍以上)の結果が出せるという複利運用のマジックというのも参考して頂きたいと思います★


株は短期的に需給で動きますが、中長期的にはファンダメンタル(業績・会社の持つ企業価値)に収束するので、


理論株価以上に買われた銘柄は、理論株価に向けた下落が待っていると思って売り目線を推奨します★



【特色】ソーシャルゲームの企画・開発。海外30カ国以上でも展開。ゲーム以外の新領域参入に意欲。ソーシャルゲーム100


【材料】ドラゴンボールアプリ「ドラゴンボールZドッカンバトル」をバンダイナムコと協業して話題で上場となった同社ですが、


最初は、予想以上の売上もなく一時的なバブルで終わった株価でしたが、


先日の決算発表で、ドッカンバトル1億DLに営業利益を約2倍の大幅上方修正により、


短期的に大きく買われました。



しかし、アプリ専業会社にとって一番怖いのは飽きられる事。



アプリ収益の特徴として、一時的に物凄く儲かるがなかなか継続しにくい特徴があり、



最初にブレイクしたパズドラのガンホー(3765)や、モンスターストライクのミクシィ(2121)なども、



バブル株価は作るものの結局、収益を落として行くという事で、PERは低めに評価されるのが業界の常識となってます。



その中で、好地合いが手伝って、短期的に株価は約2000円→約6000円と3倍に上がっており、



業績からみてもPER22~29倍、PBR10倍超えは割高水準と判断できます。



また、最も怖いのは外資系の空売りや保有株の売りです。



チャート的に判断して、以下の2年チャートでは約6000円までの上昇は戻り一杯で売りが出やすいポイント。



日本の証券会社が強気なレーティングを出してますが、短期的な急上昇は売りの対象とされやすい事から、



一旦、利益確定を推奨します。



上場後のIPOセカンダリで週足高値十字線として付けている天井価格7430円辺りの出来高は多く、



6000円前後で掴んでしまってるホルダーのやっと売りも出やすい水準でもあります。



また、同社の株価の特徴は値動きが荒いという特徴があるので、急上昇した後は急下落をする可能性が高い銘柄より、



下がりだしたら早く売ったもん勝ちになるパターンが想定できますので、ホルダーの方はご注意を。



また、世界30カ国の配信を実施、仕込み段階と言ってますが、実際の売上は国内に比べればごく僅かな売上であり、



日本独自のアプリの世界展開の難しさを知る事になるかもしれません。



<アプリ課金@売上ランキング(世界展開の売上はランク外のみになってます。)>

http://applion.jp/iphone/rank/jp/gross/




【3932】アカツキ (2/22)5610円~売り目線継続▼▼

<参考チャート>
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3932.T&ct=z&t=1y&q=c&l=off&z=m&p=m65,m130,s&a=v

<ファンダメンタル>
時価総額 761 億円
予想PER29.28 [22.72]
実績PBR10.40
予想配当利回0.00% [0.00%]

最終更新:3月1日(水)5時49分

ZUU online

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名

この銘柄の他の予想

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ