ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

パンドラの箱

菊川弘之
菊川弘之 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
相場は相場に聞け!マーケットの風を読む!!
日産証券調査部 主席アナリスト 商品投資顧問・証券会社の調査部・ディーリング部長などを経て現職。日経新聞、時事通信などにマーケットコメント・解説を寄稿。TV・ラジオなど多数メディアにも出演中。みんコモ人気コラムニスト
  • コラム [外国為替]

    パンドラの箱

    1月26日(木)11時39分みんなの株式
イスラエルとの首脳会談がポイント
 日米首脳会談は先延ばしとなった一方、トランプ米大統領は、イスラエルのネタニヤフ首相と2月上旬に、ワシントンで会談する予定だ。
 親イスラエルの姿勢が鮮明なトランプ大統領が、首脳会談で米大使館のエルサレム移転に言及するなら、「パンドラの箱」が開く事になるかもしれない。
 アラブ諸国の中で最も親米的なヨルダンが1月5日、「 越えてはいけない一線だ。イスラム教の国やアラブ諸国の路上を炎上させるだろう」と述べ、中東の一層の不安定化につながるとして、強い懸念を表明した。国内にパレスチナ難民を多数抱えるヨルダンでは、米大使館エルサレム移転なら王政転覆の可能性も浮上する。

 イスラエルが首都だと主張しているエルサレムの東半分は、イスラエルが1967年の第三次中東戦争で占領したのち一方的に併合したもので、パレスチナ側も将来の国家の首都だとしていることから、アメリカを含めて各国はエルサレムには大使館を置いていないのが現状だ。
 ただし、アメリカ議会の「テルアビブからエルサレムに大使館を移す」という決議は有効で、これまでは大統領が「半年延ばす」ということを、20年近く続けてきた。この期限が今春に訪れる。

 既にエルサレムには、アメリカの総領事館があるため、新たに大使館を建設する必要もなく、看板の付け替えで済むが、大使館移転が実行(もしくは表明)された場合、パレスチナの過激派がイスラエルに武装攻撃を行うことは必至。アラブ諸国の対米関係も急激に悪化し、第五次中東戦争が意識されかねない状況となるだろう。

 2月上旬は、旧正月が明け、予算教書が控える。

 NYダウは、保合いを上放れ、テクニカル的な踏み上げも巻き込み、2万ドルの節目を超えたが、ドルの上値・NY金の下値が、それぞれ限定的だったのは、2月に控えるイベント・波乱を警戒しているためであろう。

 トランプ大統領が、「パンドラの箱」を開けるのか否か、2月上旬の最大の注目点だ。 

最終更新:1月26日(木)11時39分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

為替レート

通貨ペアBidAsk
米ドル/円
米ドル/円
ユーロ/円
ユーロ/円
豪ドル/円
豪ドル/円

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ