ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】コスモエネルギーHD<5021>岡安商事・玉川博一

玉川博一
玉川博一 勝率:66%(10勝5敗) パフォーマンス:+35.5 2
勝って奢らず、負けてひるまず
岡安商事㈱法人部法人デリバリー課課長。TOCOM認定石油アナリスト。関西学院大学卒業後、三井物産子会社にて商品市場のマーケット分析に従事。平成20年より岡安商事㈱上席アナリスト。サッカー3級審判員、JFA公認D級指導者。
予想終了
  • 日本株 予想期間1月4日~1月31日

    始値(1,651円)→終値(1,955円)

    この予想!自信あり

    【買い】コスモエネルギーHD<5021>岡安商事・玉川博一

    12月30日(金)17時07分みんなの株式
2017年アブダビ、ヘイル油田生産開始予定
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
アブダビ、細いところムバラス島地図

アブダビ、細いところムバラス島地図

同社はご存知元売り大手。カタールやUAEのアブダビ油田で低コスト、低カントリーリスクの権益を持つ。
2017年から、良質のヘイル油田生産開始を予定している。水深が浅いことや施設の共有化で低コストが実現。ムバラス島から海底パイプラインケーブルでヘイルサイト島ターミナルへ油送。生産井8~10本。64.4%権益を持つアブダビ石油で2018年度産油高は2016年産油高4万バレルと比べて1.5倍の日量6万バレルの想定。
また、12月からの原油高、ドル高円安を受けて石油事業の在庫評価益も下期の業績に大きく寄与しそうだ。
同社の下期の想定レートはドバイ原油50ドル、為替100円としている。同社の場合、原油が1ドル上がると在庫評価が+23億精製コストで-3億、1円の円安で在庫評価+11億、精製コストで-1億となる。
現状ドバイ原油54ドル、為替が117円前後で推移、約250億円ほどの評価益増につながる。年明けもさらに原油が上昇すれば、さらに評価益が膨らむ。生産国の減産順守監視委員会が来年1月13日にアブダビで初会合を開かれ、いよいよ減産が始まり、原油相場も堅調に推移しそうで2017年石油セクターは、買い方針。

最終更新:12月30日(金)17時13分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ