ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

12日経済対策発表とヘリコプターマネー政策

木村佳子
木村佳子 勝率:100%(2勝0敗) パフォーマンス:+3.5 2
元祖・日本で初めての女性株式評論家
個人投資家向け経済情報、資産運用に強いエコノミスト。日本IRプランナーズ協会/理事長、日本チャート分析家協会JCAA、(社)くらしとしごと生活者フォーラム代表。CFP、一級FP技能士(国家資格)早稲田大学大学院フアイナンス研究科卒(専門職MBA)
  • コラム [株式]

    12日経済対策発表とヘリコプターマネー政策

    7月12日(火)8時15分みんなの株式
FRB元議長 バーナンキ氏と日銀・黒田総裁、安倍首相の会談
安倍自民党の参議院選挙での勝利を受けて、12日にも発表される経済対策。
来日している元FRB議長のバーナンキ氏と日銀黒田総裁、安倍首相との会談からヘリコプターマネー政策に注目が集まっています。

ヘリコプターマネーとはノーベル経済学賞を受賞したフリードマン氏が命名したもので、
交付金、商品券、地域振興券、子育て支援金、高齢者補助金などの
名目でお金を国民にばらまくように使う政策を指します。

問題は財源ですが、赤字国債などで補うことが予想されます。

赤字国債を出し続ければ今は低金利であるがゆえに今はあまりリスクを感じませんが、
今後、金利が上がったときに一気に日本の財政リスクが高まり、円の暴落や国債格付け引き下げなどにつながりかねないので
やるなら慎重さが求められます。
しかし、参議院選挙の結果を受けて、これからは衆議院選挙もあり得る状況です。反対意見が出にくい状況の中でヘリコプターマネー政策の実施には現実味が高まっているとみるべきでしょう。

国民選挙で憲法改正を企画しているとみられる与党政策の観点から、
ヘリコプターマネーによる国民政策で金券ゲットで喜ぶ国民の姿は魅力でしょう。2%のインフレ目標や円安、株高をもたらすヘリコプターマネー政策は投資家にも魅力的な政策でしょう。

しかし、「ああ、商品券がきて地元商店街で使えてうれしいな」「年金を10年しか払わなくても年金がもらえるなんてありがたい」「交付金でいろいろできる。活性化だ」と私たちにとって目先はうれしい事柄でも、人口減少で基本構造がデフレの日本では将来の借金が増えることはなかなか大変です。

そのため、やっていいこと悪いことで線引きするとヘリコプターマネーは劇薬だからダメとする意見を表明する識者もいます。
が、勝てば官軍。
泣く子も黙る。それはこれまでの歴史で見てきた通り。
何も知らない若い世代が将来、苦汁を飲むことになるかもしれないリスクは分別盛りの大人が考えないといけないことですが、ヘリコプターから舞い降りてくる金の輝きに目がくらみ・・・という大人が多いのも事実です。

株高はほほえみとともに去っていく類のもの。
国の財布の状況も考えつつ、しばしのリスクオンの陰に隠れるリスクの芽にも注意したいものですね。

最終更新:7月12日(火)8時15分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ