ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

どうなる!?日銀金融政策決定会合…

武市佳史
武市佳史 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
初心者には分かり易く上級者も納得のFXアナリスト
株式会社マネーパートナーズ チーフアナリスト。日本におけるFXの草創期より業務に従事。現在は週刊為替コラム「武市のなぜなにFX」の執筆やWebセミナー講師を務めるのみならず、日経CNBCを始めとする数々のメディアに出演・寄稿中。
予想終了
  • 米国ドル 予想期間6月12日

    どうなる!?日銀金融政策決定会合…

    6月11日(火)10時54分みんなの株式
リスク選好が優勢 - 円売り
※ご注意:予想期間は6月12日と表示されていますが、本日(11日)の東京・欧州・NY市場の値動きを想定した記述となります。

 週初となった昨日は、日経平均が今年最大の上げ幅を記録したことや、また現在行われている日銀金融政策決定会合にて「金利上昇を抑制する施策が打ち出される」との思惑が台頭したことを背景にして、リスク選好姿勢が先行しました。このため先週のマーケットを席巻した円買い戻しは急減速となり、主要通貨に対して円売りが目立ちました。
S&Pは米格付け見通し引き上げ - ドル買い
 一方で、米格付け大手・S&Pが米国債格付け見通しを「ネガティブ」から「安定的」へと引き上げたことから、ドル買いも目立ちました。こうしてNYダウが小高く始まり、米国債利回りも上昇したことを背景に、ドル円は一時99.20円を上回る水準へと押し上げられる場面も見られました。もっとも「QE(米量的緩和)の縮小にFRBは依然として慎重」との見方も根強い中、次第にNYダウの上値は重くなり、これにつれる形でドル円も上値を削る展開となりました。
「日銀金融政策決定会合」「黒田総裁の記者会見」に関心が集中
 こうした中で本日の展開ですが、日本時間午後に予定される「日銀金融政策決定会合」の結果、ならびにその後の黒田総裁の記者会見に、マーケットの関心が集中している感があります。

 「資金供給オペを現行1年から、2年もしくはそれ以上に延長」との案が有力視されており、不安定な債券市場(国債利回り)の安定化/低下への期待感は高まっています。一方で、“本来の目的から外れた使途”であり、また緊急避難的な性格を有することから、長期資金供給オペには日銀内部からも慎重な意見が報じられています。このため結果を見るまではわからないといった様相を呈しており、思惑が台頭しやすくなっています。

 基本的には「発表までは様子見」となりやすく、そして「想定通りもしくはそれ以上ならば株高・円安」、「想定以下ならば株安・円高」になりやすいと見られるところです。しかしながら「想定通りではあるが、“知ったら仕舞い”の株安・円高」となる可能性はゼロではなく、これが本日のマーケットを揺さぶる要因として警戒されるところです。
上下どちらを突破するか…?
 テクニカル的には、前日高値(99.245円・Bid)~50日移動平均線(99.50円付近)にはドル売りオーダーが展開しており、上値を押さえ込んでいます。一方で下方向には98.60円付近から下には分厚いドル買いオーダーが観測されており、下値を支えています。やや上方向への期待感が増している状況ではありますが、日銀金融政策決定会合等でこのいずれを突破してくるかが、本日一番のポイントといえるかもしれません。
すかさず米国へ目を向けることも忘れずに…
 なお、現在は日本(日銀)にマーケットの目が向いている状況ですが、現時点におけるもっとも大きなマーケットテーマは“QE早期縮小/停止への思惑”です。このため日銀イベント経過後は、すかさず米国へと目を向けることは忘れないようにしておきたいところです。
ドル円 抵抗・支持ライン
上値5:100.146(ピボット2ndレジスタンス)
上値4:100.000(大台)
上値3:99.528(50日移動平均線)
上値2:99.321(日足・一目均衡表基準線、6/10高値)
上値1:99.000(大台)
前営業日終値:98.738
下値1:98.357(日足・一目均衡表転換線)
下値2:98.000(大台)
下値3:97.872(ピボット1stサポート)
下値3:97.710(6/10安値)
下値4:97.269(日足・一目均衡表先行先行スパン上限)
※ユーロ円やユーロドルなど、他の通貨ペアの抵抗・支持ラインは〔マーケット・チェック15分Webセミナー〕にて公開。
14:20 ドル円 抵抗・支持ライン追加

最終更新:6月11日(火)14時20分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券No.1は!?
ネット証券No.1は!?
株式会社みんかぶ
株を始めるなら今がチャンス
人気のネット証券を徹底比較
【口座開設無料】

教えて達人

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

広告掲載について - 利用規約 - ヘルプ・お問い合わせ - ご意見・ご要望
Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.
本文はここまでです このページの先頭へ