投資に掛かる税負担を軽くできるNISA(少額投資非課税制度)という制度があります。

 投資によって得た利益には20%超の税金がかかります。これがNISAを使えば、年間120万円までの非課税枠のなかで投資し、その中から得た利益には税金がかかりません。

NISAを活用するには、まずNISA専用の口座を開設しなければなりません。すでに証券口座を持っていても、別に証券会社や銀行にNISA口座を開設します(費用は無料)。

 1年の間であれば、一度に上限の120万円を投資することも、分割して投資することも可能です。ただし、売却した分の非課税投資枠は再利用できません。また、使い切らなかった分を翌年に繰り越すこともできません。

 そのため、NISA枠で投資するときは、値上がり益が大きい金融商品を選ぶのが有利です。

 2014年から制度が始まり、2023年までの10年間、毎年新たに120万円の非課税枠が追加されていきます。非課税の期間は最大5年間までで、非課税枠を使っての投資金額は上限が合計600万円となっています。

 また利益と損失を相殺する「損益通算」はNISA以外の口座では認められますが、NISAではそれができないので注意しましょう。

 NISAは2014年から20歳以上を対象に始まりましたが、2016年以降は20歳未満にも対象が広がりました(ジュニアNISA)。

  • 投資の基本
  • 投資タイプ診断
株式口座比較FX口座比較閉じる